株投資、ライフハックなどの備忘録「あした天気になあれ!」

元外資系金融。株式投資や仕事術、ライフハックなどの雑記。

注目銘柄 3558  マザーズ (株)ロコンド

  久しぶりのブログ更新です。本日の注目銘柄は、昨日金曜日の上昇率ランキング23位にランクインしたロコンド(3558)です。上昇した理由は、これ↓ですね。

kabutan.jp

 好決算プラス優待2000円の発表です。優待を使って、スニーカー等を割引で買えたらうれしいですよね。これだけでもそこそこ注目に値するのですが、もう一つ。注目の理由はこれ↓です。

www.traders.co.jp

 まあ、ニュース記事としては新しくもないですが、レオスが徐々に買い増してるとなれば注目しないわけにはいきません。というわけで、決算資料を見てみましょう。

①事業内容

 靴や服のEC事業、プラットフォーム事業、自主ブランド事業の3本柱です。

②業績

 決算資料では、四半期の営業利益の結果にフォーカスされてます。東京江東区から千葉県八千代市へ倉庫を引っ越ししたため引っ越し費用がかかり、結果として45%増の結果となってますが、引っ越し分がなければ311%増ですよ、凄い!次の四半期決算では実力がそのまま結果として出てくるでしょうからこれは期待が持てます。

③成長性

 EC事業ですが、無料で返品できる通販(古い?)、これは伸びますよ。現在コアの顧客層は、都心部の30代から40代の女性とのことですが、無料返品の便利さが認知されていけば、都心部以外にも広まるでしょう。地方など百貨店がどんどん消えていって困っている人が大勢いるわけですから郊外や地方に伸びしろがあるのは明らかです。

 もう一つの事業、プラットフォーム事業であるRAOS(Real As Online Store)は、リアルとネットをリアルタイムで融合して顧客管理を行うものです。リアル店舗ショールームや商品検索、決済の場として利用し、倉庫から自宅に商品を配送してくれるシステムが格安で提供されます。ネット時代のショッピングとはそういう形態なるだろうと以前から予想してましたが、これはまさに時代の最先端をいくものです。「成長に関する説明資料」↓を見れば、ファッションの総合プラットフォームの構築を目指してプラットフォーム開発を進め、この事業が今後の成長ドライバーになると力強く示されています。その中には「機械学習」なんてワードもあり、人工知能的な要素も盛り込んだ内容になっていくようです。

http://www.locondo.co.jp/wp-content/uploads/2017/07/2018%E5%B9%B42%E6%9C%88%E6%9C%9F_%E7%AC%AC1%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A%E8%B3%87%E6%96%99.pdf

④PER

 現在のPERは30倍、安い!安すぎです。レオスが買いますのも納得です。というわけで、月曜日からPFリバランス&全力で行かせて頂きます!

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

注目銘柄 マザーズ 6184 (株)鎌倉新書

 6月30日の上昇率ランキングに入っていませんが、本日は 鎌倉新書(6184 )に注目です。同社は、ライフエンディングサービスを行っている会社で、葬儀、仏壇、お墓のポータルサイト運営、紹介手数料と広告が収入源となっています。業績は極めて順調で、株価も今年3月頃には1000円位でしたが、現在は1818円と4か月で1.8倍になっています。今回注目した理由はこのニュース↓です。

www.nikkei.com

 上場市場替えと増資の合わせ技ときましたよ。一部上場だけなら機関投資家の買いが期待されるのでgood newsですが、増資となると一株当たり利益の希薄化となり株価下落要因です。教科書的には、短期的には一旦下落したあと期待で買われる展開になる、といったところでしょうか。ま、相場ですので蓋を開けてみ無いことにはどうなるかわかりません。私的には、本銘柄は中長期で成長が期待できる銘柄としてガチホ決定です。

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

注目銘柄 マザーズ 6172 (株)メタップス

 久々に注目銘柄について書きます。(株)メタップスです。今日の株価の上昇率は1.7%でしたので際立った上昇ではありませんでしたが、注目した理由はこのニュース↓と、チャート、それから出来高の変化にあります。

1.ニュース

 同社は、みずほFGとの新会社設立で既に注目されるフィンテック企業の一角です。この夏には決済ウォレットアプリが投入される予定なので期待がますます高まっているところです。

www.mizuho-fg.co.jp

2.チャート・出来高

 ここ数日間のチャートを見ると、6月22日に出来高をともなって大きな下ひげが出てます。この時点で大口の売り手がいなくなったことを意味します。そして本日の後場引け際の出来高急増。上記の「AI・人工知能EXPO」開催をトリガーとした上昇なのでしょうが、今後の一段高を誘発するものと期待します。当面は上昇圧力が高まると見た!

3.結論

 次回決算は7月中旬(前年は7月15日)、夏枯れ相場に逆行可能な銘柄はこれで決まりでしょう。明日は成り行き買いで参戦です!

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします!

 

 

雑感)急落前に急上昇する理由

 株価が急落する前には、急上昇中する事が多い、と日経平均の過去のチャートなどを見て思っていたけど、それは結果的にそう見えるのであって本当はそうでは無いのだろうと考え直した。

 急上昇をリードしている買い手は急落を予想しているわけでは無いはず。本当のところは、利益確定したい売り手が、虎視眈々とタイミングを見計らっていて、急上昇をトリガーとした売りが、更に売りを呼ぶのだろう、と言うのが現在の理解。

 仮想通貨ビットコインやイーサリアムが乱高下していて、不動産の売りが増加中。

  6月末の配当の再投資がひと段落する辺りで、これはいよいよだな、という感じがします。

  被害は少しでも抑えられるよう注意していきましょう。

  ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします!

雑感)マザーズ下落(T_T)、夏枯れ相場の時に大事なこと

 個人投資家同志の皆さま、本日もお疲れ様でした。

 本日、日経朝刊のトップ記事で新興市場の成長企業ランキングが発表されました。下記サイトの宣伝も兼ねているようですが。相場格言で「株は噂で買って事実で売れ」というのもあり、また、今日は金曜日なのでリスク回避の売りも出やすく、ほぼ想定通り売りに押されてマザーズ大幅安となりました。

vdata.nikkei.com

 最近、ポジションを大幅に減らしてきているので被害は抑えられているとはいえ、被害は被害、痛みは少なからずありますな。

今後の展開⇒夏枯れ相場を予想

 今後は8月くらいまでは夏枯れ相場を予想します。特に今年、新興市場のパフォーマンスは日経平均を大きく上回ってますので利益確定売りがしばらく続くはずです。利益確定して夏のバカンスの予約をいれて・・・とか計画される方も多いのでしょう。話がそれましたが、こんな時に大きな流れに逆らい逆張りで大きく資金投入するというのは大変危険です。「落ちるナイフに手をだすな」です。こういう時は、残高縮小とポジションのリバランス、本命銘柄の選択と集中、ですね。大事なのでもう一度言います。本命への選択と集中が大事、です。理由は以下のとおりです。

 夏枯れ相場に巻き込まれて残高が急減しても、本命であれば、言い換えると成長ストーリーに確認が持てるなら、次の決算が良ければ株価が持ち直し必ず上昇するはず、と心を平静にしていられるはずだからです。ところが本命以外の銘柄を大量に保有していて株価が下落すると、どこまで下落し続けるか分からず不安になり、さらに下落し続けるのではないかという妄想に捕らわれてきます。そして、最終的に下げに耐え切れず損切り、という最悪のパターンに陥るわけです。なので、大事なのは本命銘柄を見つける努力と、見つけたら、選択と集中が大事なわけです。また、もし新興市場銘柄を持っていて、下落基調となってきているのなら(ほとんどがそうだと思いますが)ポジション縮小を検討したほうが賢明かと思います。たぶん、これから1か月~2・3か月の間の下落は精神的に厳しいものになりますが、みなさん、本命銘柄にしっかり集中して、含み損を抱えても笑ってイキましょう!!(←自らを鼓舞)

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

 

 

雑感)引き続きバイオ関連に資金流入、シリコンスタジオはPER高すぎ・・・

 本日のYahoo上昇率ランキングをみてみましたが、マザーズで上位にきている銘柄にはバイオ関連が多いです。最近続いているディフェンシブ銘柄への資金流入の流れが続いているようです。そんな中、マザーズで上昇率1位はシリコンスタジオ(3907)でした。ニュースは以下です。

 ↑のHPを見ると、グローバルイルミネーション技術の『Enlighten』が任天堂SWITCHに対応したとのことです。この『Enlighten』はイギリスGeomerics社の技術です。Geomerics社のHPはこちら↓

Enlighten | Enlighten | Real Time Global Illumination Solution

 HPを見ると分かりますが凄いリアリズムです。既にスターウォーズの映画製作やFFなどゲームの世界にどんどんこの技術が採用されていっているようです。

 Geomerics社ですが、ARM社の100%子会社なのですね。ARM社といえば、ソフバンが買収したことで知られます。てことはソフバンのグループ会社ってことです。孫さん、VR技術も押さえているわけですな~。最先端の技術をどんどん押さえにかかっているソフトバンク、そりゃ株価も上昇していくわけですね。

 話がだいぶそれましたが、シリコンスタジオを投資対象としてみた場合、PERは既に318倍。いくら将来性があるとはいえ、私の場合はこんなPERの会社に手はだせません。リスク許容度の高い方はどうぞ。

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

雑感)リスクオフの気配のときに上昇したら要注意

 本日、米国株の上昇を受けて、円安・株高、マザーズは下落しました。残高が減るのは精神的に参ってきます。こんなときに、また上昇するだろうという根拠のない期待を持って、つい見て見ぬふりをしがちですが、今市場から目を背けてはいけません。急落の予兆が漂っているからです。タイミングを見計らってこまめに利確、資金を蓄えて本命に投入するタイミングを見計らいましょう。

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。