株投資、ライフハックなどの備忘録「あした天気になあれ!」

元外資系金融。株式投資や仕事術、ライフハックなどの雑記。

注目銘柄 マザーズ 6027 弁護士ドットコム(株)

 本日はジーエヌアイ(2160)がストップ高となりました。(^・ェ・^ノノ゙☆パチパチ

実はこのブログを始めてから絶好調です。ブログを始める前はそんなでもなかったので意外な効果を実感しています。記事を毎日書くために毎日銘柄分析を行い、ポートフォリオバランスをタイムリーに行っているのがうまく噛み合っているように思います。

 前置きが長くなりましたが、本命銘柄の発表です。タイトルに書いたとおりですが、弁護士ドットコム(6027)です。昨日分析を行うまえに、実はもうほぼこの会社に絞っていたのですが、他の会社を分析してみて改めてここしかない!との結論に至っています。自分がポジション構築したから煽っているんじゃないかって?その通りです。ですが、今からかっても全く問題ないと思っていますし、利確やリスクオフの流れで下落すれば買い増していくつもりです。理由は↓に書きます。下記の順番で見てみます。

  ・事業内容

  ・財務体質

  ・経常利益の伸び

   ・PER

  ・新規参入の困難さや独自性

  ・事業拡大のストーリー

  ・チャート

 1.事業内容

 法律相談ポータルサイトの運営や弁護士支援サービスを行っている会社ですね。元榮社長みずから弁護士であるところが重要なポイントです。

www.bengo4.com

2.財務

 自己資本比率83%。健全ですねー。健全すぎると言ってもいいくらいです。もう少しレバレッジをかけて事業を拡大していってもいいのではないでしょうか。逆に言えば、事業をもっともっと拡大する余地があるわけです。今後に期待が持てます。

3.経常利益の伸び

 今年3月の決算でみると、経常利益は前期比で39%伸びてます。既に絶好調。

4.PER

 本日14%も株価が上昇し、PERは91倍!にまでなってます。高いですね。高すぎます。はやく利益確定の動きが出て下がってきてもらいたいものです。

5.独自性

 社長みずからが弁護士ということもあり、法務とITを結合して新ビジネスを創造、推進する意思決定のスピードの点で他を寄せ付けない強みがあると考えられます。今はフィンテックの話題に隠れて注目度は高くないように思えますが、こちらの会社がリードする「リーガルテック」(詳しくは下記)は非常に独自性の高いサービスだと思います。

6.事業拡大のストーリー

 「リーガルテック」である電子契約クラウドサイン。これは契約をクラウドで行うものですが、間違いなく急速に世に広まっていくサービスです。

corporate.bengo4.com

7.チャート

 今日は14%も株価が上昇したので明日は利確で少し下がるかもしれません。下がれば買いのタイミングです。

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

明日からの投資戦略について

 あたらめてYahooファイナンスで上昇率ランキングを見ていますが、マザーズで上位に来ている銘柄は医薬品関連が多いですね。ポートフォリオバランスの流れなのでしょう。こういう時こそ、本命に資金を振り向ける時。まずは銘柄を抽出して、買いを入れるタイミングを見計らいましょう。

 ピーターリンチ著「株で勝つ」を参照して、私なりにアレンジした本命株の条件を挙げてみます。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け | ピーター リンチ, ジョン ロスチャイルド, Peter Lynch, John Rothchild, 三原 淳雄, 土屋 安衛 |本 | 通販 | Amazon

 一つ、PERが高すぎないこと。数百倍になるような株はちょっとしたニュースで上下に振れやすいので精神的にキツイ。

 一つ、時流にのった事業内容。今ならAI、IT、IOTに関連した事業内容であり、世界を変えるような潜在性を持っていること。

 一つ、新規参入が困難であり、業界シェアトップクラス。

 一つ、経常利益が安定して伸びていること。ただし、成長率があまりに高すぎるものは避ける。

 一つ、事業拡大のストーリーが明確。

 一つ、財務体質が健全であること。

 銘柄抽出はこれからやります。

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

(超初心者向け)株で儲けると、その裏で誰かが損するのか。

 最近株取引をやっていない人と話をして、株で儲けると、その裏では誰かが損している、貧困を助長しているのではないか、と言われました。その人は、難関大学卒(ただし経済学部卒ではない)ですが、そんな人でさえこのような誤解をしているのです。今日は、その誤解を少しでも解くための記事を書きます。

(本記事は個人の見解によるもので、正確でない可能性がありますことをご了解願います。)

モノの価値は人によって異なる

 身近な例で解説してみます。今、あなたは石ころ1つを持っています。取得したコストはゼロ円です。この石ころをAさんが100円で買うといってきました。あなたは喜んで石ころを差し出し、100円を受け取ります。Aさんは100円をあなたに支払い、石ころを受け取りました。あなたはタダで手に入れた石ころを100円と交換できて大喜びです。

あなた「石ころ1個」=>Aさん

あなた<=「100円」Aさん

 ところがどうでしょう、あなたが手放した石ころを良くみると実はダイヤの原石だったのです。あなたの取引相手Aさんは、あなたが持っていた石ころがダイヤの原石であることを見抜き、ダイヤの原石を取引所にもっていき1億円と交換しました。

Aさん「石ころ(実はダイヤの原石)1個」=>ダイヤの取引所

Aさん<=「1億円」ダイヤの取引所

 最初は100円で取引されたものが今度は1億円で取引されました。どうですか。モノの価値は、人によって異なる(変化する)のが分かります。株も同じです。

株も石ころと同じ

 今度は株を例にしてみます。あなたが5千円で買ったX社の株をAさんに1万円で売ったとします。あなたは5千円の利益(税引前)を手にしました。

あなた「X社の株」=>Aさん

あなた<=「1万円」Aさん

 今度はAさんがBさんに同じ株を2万円で売りました。Aさんは1万円で買った株を2万円で売ったので、1万円の利益(税引き前)を得ました。

Aさん「X社の株」=>Bさん

Aさん<=「2万円」Bさん

 BさんはX社の成長を分析し、適性株価を3万円だと見込んでいました。そのため2万円を払っても利益を得ると考え、X社の株を買ったのです。

 Bさんは、X社が倒産するまで株をもちつづけ、当初の見立てどおり2万円以上の配当を得ました。

 上の例では誰も損した人はいません。株価が、より適正な価格に近づいていく過程で差益が発生しただけです。株で儲けたからといって誰かが損するわけではないのです。

適性株価が投資家の期待を常に上回れば誰も損しない?

 株を持ち続ける人にとって損をするか得をするかは、簡単に言えば、将来もらえる配当の合計額が株の買値を上回るかで決まります(無リスク金利で割引かなきゃダメだろ!とかいうツッコミは無し)。

 つまり、株で儲かるというのは、企業が期待を超えて成長するからにほかなりません。投資家がお互いを騙し、騙されあっている訳ではないのです(←本記事で強調したいところ)。投資家の期待(予想)を超えてX社が成長を続け、取引額を上回る適性株価(=配当の合計)を実現し続ければ誰も損する人はいないことになります。

 それじゃ、X社の成長が投資家の予想を下回ったらどうなるか?その時は投資家は損を被ることになりますね。

まとめ

 株取引で儲かるか損するか、は取引者同士の勝ち負けで決まるのではなく、企業が投資家の予想以上に成長するかどうかに関わっているわけです。

 簡単に書いてますが、この二つのキーワード「投資家の予想」と「企業の成長」が非常に大事というわけです。詳しい説明はまた今度。もし、もっと詳しく書いてほしい、とかコメントを頂けたら、たぶん喜んで書きます(^_^)

 っしゃー。期待以上に成長しつづけると期待される(!?)企業を発掘するゾー!!!(←自己矛盾を承知の上で書いてます)

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

注目銘柄 マザーズ 2160 (株)ジーエヌアイグループ

 一週間お疲れ様でした。先週は、大きなイベントであるFOMC声明の発表、利上げ決定を受けて停滞していたムードが変わる転換点でした。利上げ決定でテーマ株に資金が流入したことは想定どおり。マザーズ投資家の皆さんおめでとうございます!

 イベント通過と前後して、また、なお継続しているところですが、ディフェンシブセクターの代表である、医薬品関連に資金が流入しているようです。ということで前置きが長くなりましたが、Yahoo上昇率ランキング6位、ストップ高となった (株)ジーエヌアイグループ(2160)に注目です。

 同社は、日本に本社を置いていますが研究開発は中国で行っている企業です。直近の決算は赤字でしたのでPERでの投資判断はできません。最近のニュースについてご参考までにこれ↓↓↓を参照ください。

shikiho.jp

 大化け期待が高まりますね!でも、このニュースで盛り上がったのは今年の2月後半から4月まで。私もその時期ホルダーになったのですが、その後、新株予約権の行使で希薄化し、株価急落の憂き目に会っています(T_T)。

 

jp.reuters.com

 その後、しばらく安定的に推移してきたところで、このストップ高。医薬銘柄全体が上昇しているので、本銘柄も単に物色の循環が回ってきたと考えるべきでしょう。長くは続かない相場だと思いますので、ゲットするなはお早めに、また、高値でつかんでしまったら引き際はお早めに。私は既にホルダーなので様子見ですね。アイスーリュイのニュースが出てくるまでは保有する予定です。何しろ、夢のテンバガー候補の一角ですから!

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

 

 

雑感:想定どおりの展開でした。カンパイ!!

 本日もお疲れ様でした。Twitterでつぶやいてましたが、本日はFOMC声明後、利上げ決定後でしたので、円高・株安からの、テーマ株への資金流入が想定されました。数日前から仮想通貨全般が上昇してましたので、資金退避の兆候が表れていました。テーマ株といえば、今はやはりIT,AI,ビッグデータの銘柄満載のマザーズ市場でしょう。想定どおり、日経平均は若干下げ、マザーズ市場は上昇しました!!!マザーズに乾杯!!

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

注目銘柄 マザーズ 6086 シンプロメンテ(株)

 本日の持ち株の成績は期待に反して芳しくありませんでした(T_T)。気を取り直してYahoo上昇率ランキングを分析し、上昇率19.8%(!!)で7位にランクインしたシンプロメンテ(6086)に注目です。以下の順に見ていきます。

 1 事業内容

 2 ニュース

 3 業績推移

 4 割安指標(PER)

 5 チャート

1.事業内容

 店舗メンテ専業とは、今はやりのAI,IOT等とは異なり業態自体は特に目を引くものではありませんね。居酒屋、回転ずしなど外食チェーン向け主体で、全国のメンテ業者ネットを構築。全国の業者をネットワーク化する、というのは他でも見られるパターンです。

2.ニュース

 ニュースはこれ↓↓↓ですね。

シンプロメンテ、乃村工藝社と資本・業務提携へ チェーン展開型店舗を持つ企業へのサービス強化|M&A ニュース速報 | M&A タイムス

 同業他社、テスコの子会社化によりシェア増大の期待がもたれているようです。いちよしでは、今18.2期業績について売上高94.0億円、営業利益3.2億円を予想とのこと。

3.PER

 PERは、32倍。すごく割安というわけではありませんが、なかなか手ごろなところですね。

4.チャート

 6月7日の2700円代から既に1000円上昇しており、上値余地は限定的のように思えます。が、パーティが始まったことですし、一枚かんでおくことにします。

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。

注目銘柄 東京JQS 8462 フューチャーベンチャーキャピタル(株)

 アンジェスMGの注目記事を今日は書いたのでもうおしまい、と思ってましたが、Yahoo値上がり率ランキングを見ていて気になった会社がこちら⇒フューチャーベンチャーキャピタル(株)です。しかし会社名が長い・・・。みなさん、TwitterなどではFVCとか略して書いてますね。

 同社の株価は先週木曜日まで1450円付近で安定的に推移していましたが、金曜日9日に突如として10.2%上昇し、Yahoo値上がり率ランキング25位にランクイン。これはなにか匂います。

 どうやら、同社が投資するZMPという自動運転技術を開発しているベンチャー起業の臨時株主総会が6月14日に開催予定で、そこで上場に関する発表があるのではとの思惑がもたれているようですね。

 ZMPの上場⇒ZMPの株価上昇⇒FVCの含み益上昇⇒FVCの株価上昇

という構図。この会社の上場が叶えば、この構図は現実のものとなります!このような話にはとりあえず一枚かんでおく、というのが私の方針でありまして、明日は少額で成り行き買いで行きます!

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。