株投資、ライフハックなどの備忘録「あした天気になあれ!」

元外資系金融。株式投資や仕事術、ライフハックなどの雑記。

雑感)マザーズ下落(T_T)、夏枯れ相場の時に大事なこと

 個人投資家同志の皆さま、本日もお疲れ様でした。

 本日、日経朝刊のトップ記事で新興市場の成長企業ランキングが発表されました。下記サイトの宣伝も兼ねているようですが。相場格言で「株は噂で買って事実で売れ」というのもあり、また、今日は金曜日なのでリスク回避の売りも出やすく、ほぼ想定通り売りに押されてマザーズ大幅安となりました。

vdata.nikkei.com

 最近、ポジションを大幅に減らしてきているので被害は抑えられているとはいえ、被害は被害、痛みは少なからずありますな。

今後の展開⇒夏枯れ相場を予想

 今後は8月くらいまでは夏枯れ相場を予想します。特に今年、新興市場のパフォーマンスは日経平均を大きく上回ってますので利益確定売りがしばらく続くはずです。利益確定して夏のバカンスの予約をいれて・・・とか計画される方も多いのでしょう。話がそれましたが、こんな時に大きな流れに逆らい逆張りで大きく資金投入するというのは大変危険です。「落ちるナイフに手をだすな」です。こういう時は、残高縮小とポジションのリバランス、本命銘柄の選択と集中、ですね。大事なのでもう一度言います。本命への選択と集中が大事、です。理由は以下のとおりです。

 夏枯れ相場に巻き込まれて残高が急減しても、本命であれば、言い換えると成長ストーリーに確認が持てるなら、次の決算が良ければ株価が持ち直し必ず上昇するはず、と心を平静にしていられるはずだからです。ところが本命以外の銘柄を大量に保有していて株価が下落すると、どこまで下落し続けるか分からず不安になり、さらに下落し続けるのではないかという妄想に捕らわれてきます。そして、最終的に下げに耐え切れず損切り、という最悪のパターンに陥るわけです。なので、大事なのは本命銘柄を見つける努力と、見つけたら、選択と集中が大事なわけです。また、もし新興市場銘柄を持っていて、下落基調となってきているのなら(ほとんどがそうだと思いますが)ポジション縮小を検討したほうが賢明かと思います。たぶん、これから1か月~2・3か月の間の下落は精神的に厳しいものになりますが、みなさん、本命銘柄にしっかり集中して、含み損を抱えても笑ってイキましょう!!(←自らを鼓舞)

 ハッピー投資ライフ!投資は自己責任でお願いします。